ベランダに侵入してくるハト撃退

ベランダにやってきて巣を作ったり、糞をしていくハト。


ハトはとても危険な病原菌を持っている動物なのです。

ハトがもつクリプトコッカスという病原菌は、人の肺に入ると肺炎や髄膜炎などの病気の原因になるといわれています。

特にお子様や年配の方がいるご家庭は、感染するようなことがあっては大変です。

ベランダにやってくるハト撃退してしまいましょう。
ハト撃退は、ハトが不安を感じる嫌な思いをした場所と学習をさせることがポイントです。高い帰巣本能をもち、体内に磁石をもつハトは磁石が苦手です。ベランダの物干し竿に、何個か強力な磁石を吊しておきましょう。

ハトはエアコンの室外機の影などに巣を作る場合があります。

室外機の上に、害鳥よけのトゲトゲがついたマットを貼りつけておきましょう。ハトはベランダの手すりに止まり、侵入してきます。



手すりに止まることを防ぐには透明でキラキラ光るテグス糸を手すりの上に張ると効果があるといわれています。


ハトは胸の上から首のあたりに糸が当たることを好まないのです。

台所用のフックなどを接着剤で壁に貼りつけて、テグスを張りましょう。またハトはトゲトゲした植物を好まず、バラを避けるといわれます。

バラの鉢植えやバラの匂いがするローズゼラニウムの鉢を置くと効果があるといわれ、ローズマリーの香りもハトが嫌うとされています。



ハトが嫌う植物の鉢植えを置いてみましょう。

どの対策をしてもやってくるしつこいハトは、ベランダの手すりにテグスを張り、エアコンの室外機の上にはハトよけのトゲトゲシートを貼りつけ強力な磁石を吊すなど、効果がみられた方法を合わせて対策してみましょう。


そして地道なハト撃退方法は、ハトがやってきたら、しつこく何度でも追い払うこと。



地味な方法ですが、ハトを警戒させる効果があるのです。